第二回就活BAR潜入レポート② ~どんな人たちが来るの?~

第二回就活BAR潜入レポート② ~どんな人たちが来るの?~

 

皆さんこんにちは、レポート①から引き続き鳴海です。

今回は就活BARが、

どのような利用のされ方をしているかお伝えできればと思っています。

 

 

就活BARという異例のスタイル。

これまでになかった就職活動のスタイルは、

これまで就活生たちが抱えていた悩みに寄り添う形にもなりました。

 

例えばこれは美容学校の生徒さんの話。

その方の話だと学校も終わりに近づき就職間近だそうです。

就職活動中特有の不安焦りが学生さんを襲います。

だというのに学校側がサポートできる範囲はごく僅かでした。

学校に来る求人しか紹介されず、その求人の不安が多い。

当然ですよね求人票って上っ面しかわからないですし、

膨大な数が会っても目を通すのがやっとで吟味するのが難しい。

吟味するための知識も足りていない状況でした。

就職に対して慎重になることも普通でしょう。

 

 就職活動で失敗したくない。

 

それは誰しも思うはず。

だからこそ、就活BARに来るのは良い選択です。

就活BARでは就職先を押し付けることはせず。

選択肢を増やすことを一緒に考えてくれるんです。

そして増えた選択肢を一緒に吟味してくれます。

 

就職にあたって、企業の情報はわずかな文章から読み取るしかありません。

ですが、そのわずかな文章から読み取れる情報は限られています。

社会を知らない学生や、就職活動に不慣れな方では、

その限られた情報から企業のことを正しく知るのは不可能でしょう。

実際皆さんも不安があるはずです。

 

しかし就活のプロであるアウスタさんなら一緒に求人票を見て読み解いてくれます。

迷ったら求人票を持っておいで。

それがアウスタさんのアドバイスでした。

 

その人にとって働くスタイルはどんなものがいいのか。

満足できる職場なのか。

不安はない職場なのか。

一緒に求人票から読み解いて吟味してくれる場なんてそうそうありません。

 

そういえば。

この就活BAR、第一回に私の友人が参加していました。

私の友人は長年勤めた会社で、

変化のない業務内容に不安を覚えて就職活動を始めようと思ったようですが。

この会には満足できたと笑って帰ってきました。

 

今回の美容学生もそうです。

最後には明るい表情で帰宅していきました。

 

それをみて私、思ったのですが。

この就活BARのメインの目的は就職活動に対する不安を無くすことなのかもしれません。

 

当日、忙しい就活BARの開催時間の中、

スタッフさんには私と話をする機会を作っていただきました。

その時、就活BARをやり始めたきっかけについて尋ねてみました。

スタッフさんは言います。

 

転職BARは転職そのものが目的ではなく、

仕事の悩みを解消することなのだと。

その結果が転職しないという決断を下したとしても悪いことではないと。

 

スタッフさんはおっしゃりました。

現在職場の形はかなり変わってきています。

パワハラ、モラハラ。セクハラ。残業問題に上司との関係。

そんな中で職場で自分の見方を探すのは難しいことだと思います。

だからこそ、上司ではないけど仕事の悩みを話せる場があればいいと、

スタッフさんは言っていました。

そして仕事に関してけど、本当に聞きたいことを聞く、聞いてほしいことを愚痴ベースでもいいので言う。

転職することが目的ではなく、仕事に対してもやもやを残さない。そんな場として利用してほしいと。

 

そう私に語るスタッフさんの口調は、

私自身の心も穏やかになるくらい穏やかなものでした。

 

就活BARとは仕事の悩み全般を解決してくれる場だということがわかりました。

そして悩みを聞いてほしい人がたくさんいることも。

私はその日ほかに二人の参加者さんの話を聞くことができました。

次回の記事では就活BARに参加した方の生の声をお届けしたいと思います。

 

実際この場にきてどうだったのか、私以外の意見をお伝えさせていただければ幸いです。

 

 

facebookでシェア twitterでつぶやく
PAGETOP