第三回就活BARレポート④~ブラック企業から抜け出せ~

人って強く背中を押されないと決断できないものです。
特に必要がなければその場にとどまろうとしてしまいます。
けれどそれは本当に正しいことなのでしょうか。
わかります。
新しい世界は怖いし、挑戦が失敗して傷つくのは自分です。
例えば挑戦しなくても、
今までできていたことはこれからもできますが、
新しいことが、今からできるかはわかりませんから。
何が待っているかわからない未来より、
何が起こるかわかっている未来のほうがいい
そう、誰もが思いがちです。
それは、今のつらい、進展のない現在が未来に続いていくんだとしてもそう思いますか?

今回は次に一歩踏み出すことをためらっている女性の話をしましょう。

女性はブラック企業に勤めています。
残業代はなし。
企業の都合で唐突に一週間ほどの休みを入れられる。
三年勤めても正社員になれない。
時給は最低自給並み。
そんな企業で働く自分に疑問を覚えて、職安飲み会に相談に来てくれた女性でした。
職安飲み会は就活BARとは違った職業の相談をする場で、気になる方はこちらの記事を見てみてください
(https://www.satsu-nomo.com/events/event/recruitbar0808/)

今回は就活BARに一人で入れないということだったので、自分がお迎えに。
その後席について、職安飲み会できいた内容を私が話しました!
そう就活BARは話しにくいことは代弁してくれるシステムがあるのです。
それが転職を考えているが、その勇気が持てないというお話。
実際その女性は引っ込み思案の方でひとみしりもしてしまいます。
社会に出てからずっと同じ会社に勤めていたので、ほかの会社も知らないです。
営業は人と話すのが不安。
コールセンターなどのサポートも何をやるのか想像が付かないので不安。
転職するべきかどうかも迷っている。
自分が我慢すればそれですべての問題は解決するのだから、このままい続けることも考えている。
そう言った彼女に対して、私たちは総出でストップをかけます。

どうしてもやりたい業種でなければ転職したほうがいいと。

けれど女性は言いました。
同じ業種の仕事は北海道にほとんどなく、数少ない同じ業種の現場も現在勤めている場所に負けないくらいのブラック。

じゃあどうすれば…………。
途方に暮れる女性ですが。
話しとして出たのはいったんその仕事を離れてみるという案でした。

仕事時間が重たく、長くなっていくと人は仕事のことしか考えられなくなります。
朝目覚めて会社に行って、仕事が終わっても残業続きなら疲れ果て。
家に帰る以外のことはしたくなくなるでしょう。
家と会社を往復する日々はだんだん人の思考能力を奪っていきます。
自分はこのままでいいのだろうか、という気持ちをなくさせていくのです。
もし、自分の現状のやばさに気が付いて、状況を変えようと思っても今度は状況を変える時間がないです。
そうなると結局ブラック企業からは抜け出せません。
たちが悪いのは企業側もそれがわかっていることです。
然し、人を馬車馬のように扱う企業に居続けても将来なんてありません。
実際四年いても正社員に慣れていないのですから。
相手も雇う気なんてないのでしょう。
それなら本当に自分のやりたいことを見つけるためにもいったん、正常な判断ができない環境から離れてみて、自分を見つめなおすのは重要だという話になりました。

一度、残業もない落ち着いた仕事に転職してみるもよし。
アウスタさんなら新人教育からしてくれる企業を紹介することも可能だと言っていました。
とにかく現状をまず変えたほうがいいというのが、私も含めてその場にいた人達の総意で、事実その女性は疲れ切っているように見えました。

皆さんもどうですか?

今の仕事満足していますか?
仕事に封殺されて、人生は楽しいんだということを忘れていませんか?

転職したほうがいい、別の仕事を探したほうがいいと思うなら、
今回の女性のように、自分の身に振り返って考えてみてください。
今の企業は皆さんを飼い殺しにして成長の機会を奪っているところまで見受けられます。
苦しい現状を変えたい。ステップアップしたい。
そう考える人は多いと思いますが。
実際何をやっていいかわからない、現状を変えるのが怖い。
そう思うのは自然なことです。
でもそれは、一人だから怖いと思うんです。
今回のように誰かに相談するだけでも、自分の人生を見つめなおすことができるはずです。
今回冒頭で紹介した男性も、実は就活BARから発展して、職業相談をするようです。
今現状に不安や悩みを抱いているなら。
絶対に一人で抱え込まないで誰かに相談したほうがいい。
そう思わせられた会でした。

札幌で飲もうではこれからも就活BARを応援していきます。
この場では答えは出ないかもしれません。
けれど、一番大事なのは誰かに現状を話すことで、
自分が本当にやりたいことは何なのか。
もっと挑戦できることはないのか気づくことです。

次回の就活BARは
9月11日の水曜日です
札幌で飲もう会場にて18時から皆さんが来てくれるのをお待ちしておりますね。

詳細はこちらをご覧ください(https://www.satsu-nomo.com/events/event/recruitbar0808/)

facebookでシェア twitterでつぶやく
PAGETOP